GRAVIEE

EBISUMINAMI, SHIBUYA, TOKYO, JAPAN
2014

IT系人材会社のオフィスデザイン。 GRAVIEE というネーミングから力強さの中にゆらめく「波」のパターンを用いる計画とした。 作業スペースの他に面接用のミーティングスペースをじゅうぶんに確保してほしいという要望に対し エントランスにスレート波板を施し、ミーティングルームと作業スペースの間にはポリカーポネートの波板の間仕切を使うことで、部屋の扉を閉じても閉塞感が出ないよう工夫した。 床のパターンにも波型を採用し、オフィス空間にやわらかい印象を与えている。

The office design for Human Resources Company of IT industry. We planned to use a pattern of "waves" that like wavering in powerfulness from the naming of GRAVIEE. As a request that would like to secure for enough meeting space for interview in addition to the work space, To remove cooped-up feeling when the room doors was closed, we use slate corrugated sheet in the entrance and corrugated polycarbonate sheet between the meeting room and the work space. We adopted a wave pattern also for the floor design, is given a soft impression to the office space.

CREDIT:

建築/Architect:
森屋隆洋/Takahiro Moriya
パートナーズ/Partnars:
エヌアールワークス 保坂航平/NR works Kohei Hosaka
用途/Program:
オフィス/Office
延べ床面積/Total floor area:
58㎡