NISHITSURUMA

YAMATO, KANAGAWA, JAPAN
2013

単身者が所有する集合住宅の住宅再生計画。 ライフスタイルの選択肢がいくつか考えられる住まい手のために、生活の変化を許容できる自由なプランを提案。 一般的な3LDKの間取りを構造体以外の間仕切をを取り払い、ガラス戸(建具)によって空間を分節することで、ワンルームとして使えたり、部屋を増やすことを可能にした。 ガラスはステンドグラス用のランダムなパターンの型板ガラスを使用することで、最低限のプライバシーを保ちながら、拡散した光が部屋の奥までのびている。 本プロジェクトではキッチン、ダイニングテーブルの家具デザインも併せて提案した。

A residential rehabilitation plan of the apartment houses for single person. I suggested a flexible plan that would accept owner’s lifestyle changes. Remove the partitions other than structure in this general 3 bedroom layout and segment the space by using glass doors, made it possible to increase the room. By using a template glass with a random pattern for stained glass, It’s maintaining minimum privacy and extending the light to the back of the room. In this project MAP produced furniture design of kitchen and dining table.

CREDIT:

建築/Architect:
森屋隆洋/Takahiro Moriya
設備/Facility Design:
T.M.
用途/Program:
住宅/Housing
延べ床面積/Total floor area:
75㎡