SOBUDAI

SAGAMIHARA, KANAGAWA, JAPAN
2017

密集市街地にある住宅のリノベーション。 密集地であることから日射量が十分でないことが問題としてあげられた。 2LDKの間取りを広々としたリビグンスペースとするため、内壁を解体し、必要な機能(収納・既存のキッチン・階段・トイレ)を曲面の壁で覆うようなデザインを取り入れた。 この壁が南北方向に光をめぐらせ「光の媒介」の役割を果たしている。

A renovation project for the house located in densely build-up area. There was the problem of insufficient insolation due to densely packed. We break down the inner wall and adopted a new wall design that wrap necessary functions (storage, existing kitchen, stairs, toilet) with curved walls. That wall can serve as "light mediation" by flowing sunlight to north-south.

CREDIT:

建築/Architect:
森屋隆洋/Takahiro Moriya
用途/Program:
住宅/Housing
床面積/ floor area:
41㎡